保育士になるための実践力がつく専門学校

指定を受けている専門学校を卒業すると、資格試験に合格しなくても保育士の資格を取得することができます。保育士試験は合格率が低く、実技試験は独学で対策することが難しいため、簡単に受かることができません。専門学校なら、きちんとカリキュラムを受けて卒業をすることができれば資格が取れるため、確実になりたいと考えている方におすすめの選択肢です。昼間のコースのほかに、夜間コースを設けている専門学校もあります。

昼間は原則2年間で、夜間は3年となっているケースが多いです。働きながら学ぶことは大変ですが、やる気のある人が保育士を目指すことができるので悪くない選択肢です。学校によっては夜間メインで昼間の授業も取り入れているところもあって、その場合は夜間メインでも2年で卒業可能です。詳細はコースを設けている学校ごとに異なるため、比較して検討しましょう。

専門学校のメリットは、短い期間で確実に資格が取れることに加えて、実習が多めで実践力が身に付きやすいことです。現場に出てすぐに生かせるスキルが身に付けられるため、実際に保育の現場でも卒業生は高く評価されています。加えて、それを専門としているだけあって、大学等に比べて就職サポートが手厚いです。学校側に専用の求人が届くケースもあり、主食率100パーセントとなっているところもあるくらいです。

このように考えると、確実に資格をとって働きたい方に専門学校は適しているといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*