保育士養成学校「大学・短大・専門学校」の比較

保育士資格の取得には、国家試験の受ける方法と、保育士養成学校を卒業する方法があります。卒業と同時に資格が取得できるため、保育士養成学校を選ぶのが一般的となっています。養成学校には3タイプ「4年制大学・短大・専門学校」があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。4年制大学のメリットは「保育」以外にも幅広い知識が学べる点です。

教育や福祉など保育に関する様々な知識に、心理学や栄養学など、4年間という時間を生かし広い学びを得ることができます。そのため保育園以外の就職もしやすく、保育士以外に興味が出たときにも柔軟な対応が可能です。一方、卒業までには長い期間がかかり、実際の現場に出るまでが遅くなるのは大きなデメリットです。子供とのふれあいで必要な技術は体験してはじめて学べることがおおく、大学で得た知識はそのままでは実践で役立たない、という現実があります。

また4年生大学は費用も多くかかるため、経済的負担が大きいというデメリットもあります。短期大学のメリットは、4年制大学に比較してより専門的に保育を学べる点です。また大学に比べ実習タイプの授業が多いため、より現場に即した学習ができます。一方で学習期間は2年間と短いため、無理に詰めこむような授業スケジュールになることが多く、プライベートな時間はほとんどないなどのデメリットもあります。

専門学校のメリットは、完全に「保育」に特化した学習ができることです。短大に比べ実習時間もより多くなっており、実際の現場で子供たちに触れ合いながら学べるなど、実践に即した学習を行うことができます。一方で専門学校では、「保育」以外のことは学べないため、将来保育士以外の就職を考えるのが難しくなるという欠点もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*