保育士資格の取得には専門学校がおすすめ!

保育士の資格を取得する方法には「国家試験に合格する方法」「保育士養成施設を卒業する方法」がありますが、大部分の方は後者の施設を卒業することで資格を取得しています。保育士養成施設には「四年制大学・短期大学・専門学校」がありますが、中でもおすすめしたいのが専門学校です。専門学校の大きな特徴は、「保育」に特化した授業が行われるという点です。授業は実習が中心となっており、実際の現場を見たり、現役の保育士さんと触れ合うなど体験しながら学ぶことができるため、非常に素早いスキルアップが可能となっています。

高い実践力が身につくため、就職においても専門卒業生は有利なことが多く、実際その就職率も高くなっています。専門学校を選ぶときは、授業内容、費用、学校までの距離など、様々な観点から比較を行うと思いますが特に注目してもらいたいのが「幼稚園教諭資格も同時に取得できるか」という点です。というのも近年では「総合こども園」と呼ばれる保育園と幼稚園の機能を併せ持った施設が増えているため、保育士だけでなく幼稚園教諭の資格もあれば就職が非常に有利になります。今後、総合こども園のような施設が増加していくことを考えると、両資格を持つ価値はますます高まっていくと考えられます。

幼稚園教諭資格は通信講座では取得はできないため、社会人になってから取得するのは難しい資格です。学校に通える間に取得しておくことで、将来にわたり役立ってくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*