保育士専門学校と大学の保育課程の違い

保育士になる為には厚生労働省が指定する養成機関を卒業するか、国家試験に合格するかの方法があります。国家試験は非常に難関と言われ、事実合格率は例年20%~25%程で推移しています。これは科目数が多い筆記試験と、ピアノや絵本の読み聴かせといった実技試験が原因です。実技試験には相応の対策が必要であり、ただ上手いだけでは合格する事はできません。

その為、難関な国家試験を避けて専門学校や大学ルートを選ぶ方が大半です。卒業と同時に資格が得られ、試験を受ける必要がないからです。国家試験を避ける理由だけではなく、大学や専門学校に通うメリットは非常に多いです。対応方法は時代の変化に伴い変わっており、知識がないと子供にも悪影響を及ぼし、家族とのトラブルにもなりかねません。

正しい知識を身に着けて臨機応変に対応できる力を育成する事が養成機関ではできます。保育士を目指す場合によく迷うと言われているのが、大学か専門学校のどちらが良いのかです。結論を言うと保育士になりたい方は専門学校で、それ以外にも子供の心理や教育について学びたいなら大学と言えます。大学では4年間が基本であり、その間に保育に関する知識以外に幼稚園教諭の資格が取れるコースや、心理に関する課程も選択できます。

卒業時には子供に関する知識や資格が多く、保育園以外の就職の道も多いです。ただ保育園での実習がない所や少ない事が多く、子供と関わる機会が少ないです。座学中心なので現場力は就職してから身に着ける事になります。専門学校では実習が多く、保育のプロとして即戦力として就職後も活躍できます。

集中してその道を学ぶか、多様な道を選ぶかの違いです。大阪の美容専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*