なりたいと心に決めたら保育士専門学校へ

昨今話題の待機児童問題がある様に、今まさに求められている仕事である保育士。少子化が問題になっているので子供の数は少ないはずですが、女性の社会進出により共働き世帯が増えたので保育園のニーズは以前より高まっています。保育士は昔から人気の職業であり、これから日本を支える子供たちへ人と社会への関わりについて学ばせる大切な仕事です。保育士になる為には国家資格を取得する必要がありますが、厚生労働省が指定する養成機関を卒業する事で試験を受けずに得る事ができます。

その養成機関は専門学校・短大・4年制大学がありますので、目指す方はどこがいいのか迷います。もしも保育士として働きたいと強く心に決めているならば専門学校が適しています。働きたい場所が保育園なら、より実践的で具体的に専門性を養う方が良いです。短大も大学でも取得できますが、専門学校がその中で群を抜いて実習が多く卒業後には即戦力になれる学び舎と言えます。

その背景にはカリキュラムや学校による目的に違いがあるからです。大学等は保育関連の勉強以外に一般科目も学びます。大学は基本的に学士を取得する機関なので、卒業には必要な事なのです。専門学校はその名の通り専門家を育てる機関です。

目的は専門家を育てる事と就職する事に特化しています。保育士になりたいと心に決めたなら、その道に集中して学べる場所の方が適しています。また入学もしやすく費用も安いので、学生の負担も少なく済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*