保育士になるなら専門学校へ

保育士を目指す場合、高校を卒業したら専門学校に通う人は中にはいます。専門学校であれば、ピアノの弾き方や子供の接し方などの初歩的なものから子供の心をつかむという高度なものまで幅広く講義を受けます。学校によって通学する年数は異なりますが、二年か三年通学する事になります。卒業する頃には保育士資格を取得出来ていて、学校側は就職先となりえる保育園の紹介やあっせんをしてくれます。

ここで内定を得る事が出来た場合は、卒業後は内定を得る事が出来た保育園で勤務開始となります。しかし、最近では会社勤めの人が会社帰りに通学している事があります。これは、専門学校の夜間クラスに通っているためです。夜間クラスは、夕方から講義が始まり夜に講義が終わります。

これであれば、会社帰りに行ける点からわさわざ今の会社を退職してまで通学する必要がなくなりますし、講義内容も全日制も夜間クラスもほぼ同じです。仕事と学業の両立しなければならなくなりますが、それをこなすことが出来れば問題はありません。夜間クラスも全日制と同様に卒業間近になれば、保育士資格を取得する事が出来ます。さらに、勤務先となりえる保育園の紹介とあっせんもあります。

この場合、保育園から内定をいただいた場合は現在の会社を退職する事になりますので、ここまでの一連の流れは転職活動に近いです。この夜間クラスに通学している人は、高校時代に諸般の事情で進学できなかった人が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*