高校卒業後に保育士を目指して専門学校に行くこと

高等学校を卒業して保育士になるために専門学校で学ぶ人が大勢います。このとき近隣にあるところで学ぶことが出来れば良いですが、近隣にない場合や少し離れていても条件に合致しない場合には考慮すべき問題になり得ます。とくに卒業段階での保育士資格の取得が出来る専門学校なのかあるいは別途資格試験に合格しないといけないのかで、入学の是非が変わる場合も多いです。その学校をよく各種学校と呼んでいますが、こうした学校では卒業と同時に取得できるようにしているところと、カリキュラムの中で受験できるように勉強をみっちりと行うところとに分かれます。

入学時点の段階でその学校が保育士資格を専門学校の卒業時に取得できるのかあるいは試験を受けて合格しないといけないのかが分かるわけです。もし取得だけを目指すのであれば卒業と同時に取得できるところの方が楽であることは言うまでもありません。なおこの卒業と同時に取得となる学校は国において認められているところのみです。それ以外のところは勉強などは専門的に教えるけれども取得のための勉強はしっかりとこなした上で受験に臨みます。

試験を受けなければならない分だけ負担は大きいです。カリキュラムがいずれの場合でもかなりきっちりと詰め込まれているため、他のことをしている余裕は一般的にはないです。ただし卒業間近にすでに取得が決まっている人を対象にして、ビジネス系の資格取得を目指すことはよくあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*