保育士の専門学校に通うメリット

保育士の専門学校では、保育や福祉関連の基本的な知識や理念を学び、子どもを扱うのに必要な技術を習得することができるほか、卒業時には保育園や保育所で働くために必要な国家資格を取得することができます。保育の仕事をするための教育は、保育士の専門学校以外にも4年制の大学や2年・3年制の短期大学でも受けることができ、就業に必要な資格も取得できます。保育の仕事に直結すること以外を学ぶことができるのがその特徴ですが、目標がはっきりと決まっているなら保育士は専門学校に通ってその資格を取得するのが一番近道といえるでしょうもちろんこれらの教育施設で学ばなくても受験資格の基準をクリアし、年に1回おこなわれている国家試験を受験して合格すれば資格を取得することはできますが、その合格率は高くなく簡単な試験であるとはいえません。しかし保育士の専門学校なら学校で学び単位を取得すれば卒業時には資格を取得することができます。

その期間も2年から3年であるため、高校を卒業して保育の仕事をする目的で資格を取得しようとするなら、最も効率よく早く資格を取ることが出来るでしょう。また保育士の専門学校では学校により幼稚園教諭2種免許をはじめとした他の資格も取得できることがあります。その一方では保育を学べる4年制の大学にくらべて学費が安くすむというメリットもあるので、保育関連の資格を取得して早く社会に出て働きたい、という人にはメリットの多い教育施設です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*