保育士の専門学校と短期大学の違い

保育園や児童福祉施設等で働くには、保育士の資格を取得する必要があります。現在人手不足な事もあり、資格がなくても助手という形で働く事も可能です。しかし将来有資格者しか働けなくなる可能性や、専門的な仕事ができなかったり給料の面から取得しておくと選択の幅も広がります。厚生労働省が指定する専門学校や短期大学等で学び、卒業する事で取得できます。

他には国家試験に合格する方法もありますが、一般的には養成学校経由が多いです。学校選びの際、専門学校と短期大学で迷う方も多いです。大学は4年制でありますが、短期大学も専門学校も同じ2年制です。違いはどこにあるのでしょうか。

短期大学では知識や技術がバランスよく学ぶ事ができ、幼稚園教諭の資格を取得できるコースもあります。勿論保育士資格のみのコースもありますが、その際は2年制が一般的です。幼稚園教諭も取得できるコースは3年制が多いです。短期大学では一般教養も学ぶ事になり、卒業後の進路も保育士以外の道もあります。

専門学校の場合、幼稚園教諭の資格を取得できる所も増えてきていますが、基本的に保育士になる為に特化した学校です。より実践的な内容を学び、保育に関する事中心です。即戦力の技術と知識を得る事ができます。基本的に就職先は保育関連に限定される傾向があります。

想いが強く、将来絶対になると決めている方は有意義な時間を過ごせます。どちらもカリキュラムは厚生労働省が定めているので、保育士になれる事や優劣はありません。違いがあるとすれば幼稚園教諭を取得できる学校が短期大学には多い事と、学歴の名称が変わる位です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*