製菓を専門学校で学ぶメリット

専門学校にもよりますが、プロを養成するという目的のある学校なのでほとんどの学校がプロの講師を招いたり、また元プロの人が在籍していたりします。独学で製菓を学ぶよりも基礎からプロの技術まで幅広い知識やスキルを身に着けることができるというのが専門学校の最大の魅力です。しかしそれだけがメリットではありません。まずは製菓衛生師の受験資格を取得することができるということです。

実はパティシエの資格である製菓衛生師は国家資格なので専門学校を卒業するだけでは取得することができません。しかし1年学んで卒業することで受験資格を得ることができるので、試験に通れば製菓衛生師の資格をとることができるのです。次に就職が優位になるということです。ただお菓子作りが好きという人よりも、学校に行って学んだという人の方が例え資格を持っていなかったとしても優遇されます。

また講師のツテでお店を紹介してもらうということも可能なので就職先の候補を広げることができます。そして最後に人脈作りです。専門学校に通っている人というのは将来はその道に進むことを考えている人がほとんどです。最初はただのクラスメイトだったとしても、いずれ就職してそれぞれが職人となった際には1つの人脈として何か手助けになることもあるでしょう。

職人の世界は顔の広さというのもとても大切なのでそれを学生時代から築き上げることができるというのはとても大きなメリットだと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*